インフォメーション

2019-06-26 17:30:00

「SEB UKULELE]ことセバスチャン・タイランディエさん、フランスより来日Liveです♪

開場: 17:00

Live:17:30~

料金:¥1500+1オーダー

♪CDを販売いたします♪

 

【要予約】

お問い合わせ、ご予約はカフェまでご連絡くださいませ。

090-9802-0324(飯田)

定員に達し次第締め切らせていただきます。

 

 

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【プロフィール】

セバスチャン・タイランディエ氏

幼少時代から音楽とデッサンに情熱を注ぐ。

今現在はグラフィックデザイナーとして働く傍ら、ギターやベースといったいくつかの楽器も演奏する。

2013年に偶然東京でウクレレという楽器を知り、それ以来ウクレレの虜になり、今ではウクレレしか演奏していない。

それから、オリジナルを作曲し始める。

日本人である妻に二つの詩を日本語に訳してもらい、曲にした。

フランス語と日本語で歌うのはもちろんの事、ロックやボサノヴァといった、様々なスタイルの音楽を演奏する。

フランスや日本のいくつかのオープンステージで曲を演奏する中、2016年に日本でコンサートをしようと決断。

日本では皆んなから「セブ」と呼ばれているので、「ウクレレ」を合わせて「セブウクレレ」という名で活動中。

ステージではウクレレと共にソロでオリジナル曲を演奏する。

時にはクラッシックなフレンチシャンソン (アンリ・サルヴァドール、セルジュ・ゲーンズブール、シャルル・トレネ、エディット・ピアフなど)や、ボサノヴァ(ピエール・バローの作詞によるアクアデべベールやコルコバードのフレンチバージョン)も。

2017年にはフランスと日本でレコーディングしたファーストアルバム「シークワーサー」をリリースした。

そして2018年、フランスと日本で演奏しつつ、さらにイギリスでも演奏の機会と賞賛を得る。

同年の年の瀬にはセカンドアルバム「Les jours heureux」(幸せな日々)を発売。